草の根・人間の安全保障無償資金協力委嘱員募集

求人募集
草の根・人間の安全保障無償資金協力委嘱員
在パキスタン日本国大使館 経済・開発班
 
 パキスタンに対する草の根・人間の安全保障無償資金協力を実施するにあたり、当館の経済協力担当官の下で業務をしていただける方(1名)を募集いたします。
 
草の根・人間の安全保障無償資金協力について
 草の根・人間の安全保障無償資金協力(以下、「草の根無償」)は、開発途上の多様なニーズに応えるため、1989年に導入された制度です。
 草の根無償は、開発途上国の地方公共団体、教育・医療機関並びに途上国において活動している国際及び現地NGO等が現地において実施する比較的小規模(原則、一件当たり1,000万円以下)の案件に対し、在外公館が中心となって資金協力を行うものです。
 
業務内容
館内業務
1.案件申請の問い合わせ対応
 草の根無償に関する質問及び相談対応
 申請案件の査定
 案件形成に向けての事前調査、申請希望者への説明等
2.案件形成
  上記調査結果、採択案件についての必要情報の収集
  承認に向けた必要書類の作成
3.プロジェクトの進行管理・モニタリング
  承認が得られた案件について、贈与契約書(GC)締結のための準備
  実施中案件のモニタリング
  完了確認及び引渡し式等のアレンジ
4.事業完了後のフォローアップ調査
  フォローアップ調査,及び事業完了後の問題発生時などの事後対応
 
応募条件
・日本語能力及び英語能力(文書作成・読解、交渉、会話能力)が十分であること。また、パキスタンの現地語(ウルドゥー語、パシュトゥーン語等)ができればより望ましい。
・途上国援助活動、開発問題に関する知識を有し、現地に出張し、調査を行うことができ、パキスタンに関する知識があることがより望ましい。
・業務上必要とされる十分なコンピューター活用能力(ワード、エクセル、パワーポイントを支障なく使用可能)、要すればHP改修能力を有することが望ましい。
・就労経験2年以上を有することが望ましい。
 
待遇
1.就労時間: 原則として当館の開館時間に合わせて業務を行っていただきます。
2.謝金: 当方の規定によります。
3.保健: 自己負担により海外保険等に加入していただく必要がございます。
 
留意事項:
本件の外部委嘱に関する契約は、大使館職員としての雇用契約ではなく、個別の業務委託契約です。従って、通常の雇用契約に含まれる各種の待遇は適用されません。
 
業務期間
2018年4月1日から2019年3月31日まで
 ※業務期間及び契約延長については相談可
 
応募方法
・顔写真を添付した履歴書(形式自由)、志望動機、自己PRを日本語で作成し、電子メールにてteruaki.nagasawa@mofa.go.jpまで送付願います。(メールの件名に【草の根無償委嘱員募集】と明記願います。)
 
・書類選考を通過した場合は、2017年11月13日(月)~11月20日(月)の間に、当館から応募に関する電話連絡をしますので、対応可能な電話番号、曜日、時間帯も電子メールに明記願います。
 
注意事項:
 採用過程・結果に関する問い合わせ等については、一切お答えできませんので、ご了承願います。また、応募書類は返却いたしませんので、予めご了承願います。個人情報については、採用選考の目的のみに使用し、応募の秘密は厳守いたします。
 
応募締切
 2017年11月6日(月)
 
試験(小論文を予定)及び面接に関しては2017年12月を予定しています。