ATMでのカード情報のスキミング被害に注意

在留邦人の皆様へ
                                               
                                           在パキスタン日本国大使館                 
 
~大使館からのお知らせ~
(ATMでのカード情報のスキミング被害に注意)
 
●ポイント
 近年、ATM等を利用した際に「スキマー」と呼ばれる小型機器を通じてキャッシュカードやクレジットカードのデータが盗まれ(スキミング)、勝手に銀行口座等から現金等が引き出される被害が急増しています。
 ATM等を使用される場合には、カード挿入口に不審な機器が装着されていないか確認するとともに、暗証番号入力の際は外部から見られないよう手で隠す等の措置をお願いします。
 
●本文
1 2016年頃から、銀行等のATMにおいて、カード挿入口外側に取り付けられた「スキマー」と呼ばれる小型機器を通じて被害者のカード情報が盗まれ、同カード情報から作成された複製カードを通じて、被害者の銀行口座から現金が引き出される犯罪が多発しています。また、この場合、ATMの暗証番号入力キー近くには偽装された小型カメラが仕掛けられており、暗証番号も同時に盗まれています。
 
2 2017年12月の1か月で、559口座から総額1000万ルピー以上が被害に遭ったとの報道もあります。つきましては、同種被害の未然防止を図るため、ATM使用の際には以下の点に特にご留意ください。
(1)カード挿入口周辺に不審な機器が取り付けられていないかどうか確認し、不自然な状況があった場合にはATMを使用せず、銀行等の係員に申し出る。
(2)暗証番号入力キーの近くに、小型カメラがないかどうか確認する。これまでの被害状況から、ATMの近くに設置されている銀行のパンフレットが入った箱に穴を開けて、ピンホールカメラを設置しているケースがあった。
(3)暗証番号入力の際には、外部から見られないように手で隠す等の措置を取る。
(4)ICチップのカードに変更する。ICチップ式のカードは磁気式のカードと比較すると、偽造やデータ窃取が困難であるとされている。
 
また、上記以外にも、当地で安全に滞在するための参考となる情報が以下のウェブサイトに掲載されておりますので、そちらもあわせてご確認下さい。また、海外での長期滞在時の「在留届」及び短期滞在時の「たびレジ」の登録も以下のウェブサイトから行えますので、必要に応じて是非ご利用下さい。
 
○ 当館ホームページ:
http://www.pk.emb-japan.go.jp/indexjp.htm
○ 外務省海外安全ホームページ(パキスタン):
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_011.html#ad-image-0
○ 在留届及び「たびレジ」への登録のお願い
  海外渡航前には、万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにして下さい。3か月以上滞在する方は、緊急事態に備え、必ず在留届を提出してください。
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
 また、3か月未満の旅行や出張などの際には、海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)
○ 緊急時の連絡先:051-9072500(在パキスタン日本国大使館代表)