猪俣大使からのメッセージ

着任のご挨拶

           

            平成28年2月4日
               猪俣 弘司 

 

 平成25年9月着任以来約2年5ヶ月、皆様方のご協力も得ながら、在パキスタン日本国大使として、日本・パキスタン関係の強化・発展に努めて参りました。まだまだ、やり残したことも多く、道半ばではございますが、転勤発令を受け、来週末には、当地を離れることになりました。

テロとの闘いも本格化し、それ故に自爆テロの報復も行われるなど、引き続き、治安面で不安を抱えてはおりますが、民主主義が定着しつつあり、また、電力不足問題等未解決の懸案があるとはいえ、経済運営も今のところに順調に行われており、近隣諸国外交もこれまでに無く安定的に推移してきており、当国の先行きに期待が持てるものと思っています。

当館から、時折、注意喚起のご案内を差し上げる機会も多かったかもしれません。行動に制約がある中で在留邦人の皆様方の随所で示された友好・協力の姿勢が従来からのパキスタン人の親日意識を更に強化したものと、感謝しております。

幸いにして、在留邦人の皆様が直接被害に遭うような大きな事件・事故もありませんでした。これからも、皆様の安全確保に万全を期し、より、活発な経済交流が進められるよう、大使館としても、引き続き、務めますので、皆様方からのこれまで同様のご理解とご協力をお願いいたします。

皆様方から頂いたご厚情とご協力に感謝しつつ、当地を去ります。
本当に、有難うございました。