MESSAGE FROM H.E. MR. KUNINORI MATSUDA

 

MESSAGE

 

 

 

11 February 2019

このたび,駐パキスタン日本国大使として着任致しました松田邦紀です。
 
私は今年で外務省勤務37年になりますが,パキスタンへの赴任は初めてとなります。しかし,これまでの外交官生活の中で触れてきたパキスタンの方々を通じ,パキスタンには強い関心と敬意を感じておりました。また,着任前には多くの方々から,日本とパキスタンの歴史的な深い繋がりやその重要性を伺い,改めて身の引き締まる思いでおります。
 
日本とパキスタンは,1952年の外交関係樹立以来,強い絆で結ばれ,政治,経済,文化,教育等の面で関係を強化してきました。しかし,現状は,両国関係の潜在性を十分に活かしきっているとは言えず,まだまだ発展の可能性を有しております。両国の関係がさらに発展すべく全力を尽くす所存です。
 
特に,パキスタンの人口は2億人を超えており,両国間のビジネス関係の発展は今後の大きな期待を持てる分野です。大使館としては,パキスタンとのビジネスに従事する日本企業への支援をさらに強化していきます。また,経済関係のみならず,両国間の文化交流,とりわけ両国の将来を担う若者の相互交流を後押ししてきたいと考えております。
 
そして何よりも重要なのは,在留邦人及び旅行者の皆様の安全確保並びに領事サービスの向上です。これらについては,自ら大使館の先頭に立って業務を行っていく所存です。
 
今後,両国の関係をさらに発展させるべく邁進する所存でありますところ,改めて皆様方のご支援とご協力を賜りますよう,宜しくお願い申し上げます。
 

松田 邦紀